作業員

電柱やコードを噛る小さい魔物|ネズミ駆除はプロに依頼

早めに対策を講じよう

自身で市販品を使用して行なうネズミ駆除もありますが、専門の業者に駆除を依頼したほうが確実であることが多いようです。業者に依頼する時には、悪徳業者を選ばないように気を付けることが大切になるでしょう。

生き物を飼うということ

見た目は可愛いアライグマですが、飼育の難しさなどの理由で手放す人がいるようです。最終的にその子がどんな結末になるか考えて行動しなければいけません。駆除は避けたいですが、もしそうなってしまった場合は専門業者へ依頼するようにしましょう。

しっかりと準備

アシナガバチはスズメバチほどの凶暴性を持ち合わせてはいないものの、毎年、一定の被害が発生しています。アシナガバチ駆除を行う場合には、被害をさけるために、防護服を着用することが安心ですが、入手できない場合は、専門業者に任せることで、安全に駆除が可能です。

環境の見直しが大切

散布作業者

ネズミはほんのわずかな隙間からも侵入します。防災用の備蓄食料が荒らされている、電気コードが切られている、台所に小さくて黒いフンが落ちているなど、侵入の形跡を見つけたら、出来るだけ早く環境のチェックをしなければなりません。見た目は愛嬌のある姿をしていますが、ネズミは伝染病や害虫を媒介する衛生害獣です。特に小さな子どもや高齢者のいる家庭では、食中毒や感染症に注意が必要です。種類にもよりますが、ネズミは臆病で警戒心の強い動物ですから、彼らの好む環境となれば人目につかない狭い出入り口や隠れ場所があること、温かく餌が豊富であることなどが挙げられます。環境によっては餌を求めて出入りするだけでなく、巣を作って繁殖してしまうこともあります。

ネズミ駆除を考える際、駆除用品は多数市販されていますので、自分で行うこともできます。その際、正しい使用法で行うことと併せて、ネズミの性質や行動を知ることが重要です。ネズミ駆除の専門家は、ネズミの好む通路や構造上よく使われる侵入経路も熟知しており、実際にネズミが使用しているかどうか特定する方法も知っています。自力で駆除できない場合にはネズミ駆除の専門業者に依頼します。駆除だけでなく、餌となる食品、その置き場所、保管の仕方、隠れ場所として好まれる家具がないかもチェックしてもらいましょう。いざネズミ駆除に成功しても、再度侵入されてはきりがありません。依頼前に現地調査をして見積りを出してくれる業者もありますので、もしもネズミに悩まされているなら相談してみましょう。